アプリコット出版

アプリコットママズカフェ

英語っていつから始めるの?

早ければ早いほど良いですが・・・
「今からじゃ間に合わない」ということはありません。


「これからの時代、英語ぐらいできないと…」
「できるだけ英語学習で苦労させたくない…」
そんな思いをもつママやパパはたくさんいます。

英語学習で大切なことは、どれだけ英語に触れられるか。 だから年齢が小さいうちからスタートする方が、それだけ英語に触れられる時間が多くなるのは事実です。
また幼少期から英語に触れさせることで、日本語にない特有の発音を自然に身につけられます。


「じゃぁ早く始めないと間に合わない!」と焦らないでくださいね。
最初は、無理せず楽しんでくれればいい、と思っていたのに、気が付くと「もっとしないと」「もっとさせなきゃ」「他の子に遅れないように」と焦って、その気持ちが結果、こどもを苦しめることになりかねません。

こどもを苦しめるばかりか、ママやパパ自身も苦しくなって、プレッシャーで押しつぶされては元も子もありません。
大人になってから学習しても、その人に合った方法で努力すれば決して遅いことはないのです。ですから、あまりプレッシャーに感じず、「子どもが将来“良い学習者”になるためのサポート」を目指しましょう。

英語習得は一生かけてやる、その気持ちを忘れずに。
「今」からでも大丈夫!だからママやパパも“一緒に英語”スタートしましょう♪

英語とふれ合うコツ

【ママもパパも一緒にエンジョイ】
「わたしの発音でいいのかしら?」「わたしはダメだから子どもだけでも…」なんて思わずに、子供と一緒に英語をスタートしてみましょう。

おすすめは英語の読み聞かせ。音声がついているものがおすすめです。音声をかけ流すのではなく、かけながらリピートすればママやパパの音読練習にもなります!英語の歌もいいですね。ママやパパが覚えて歌えれば、いつでもどこでも英語に親しめます♪

“一緒に楽しむ”がポイントです。“英語が苦手だから”“英語は難しいから”“英語なんてできないから”と否定的な感覚はこの際捨てて、“楽しいね!”“英語ではこういうんだね~”“ママも歌えるようになったよ”とポジティブな気持ちを持ちましょう。

【日本人としての英語に自信をもとう!】
できるだけ日常的に英語を使う、話すことがベストです。英語は、世界中のいろいろな地域で話されている国際語です。
英語がネイティブではない人たちが英語でコミュニケーションを図る時代です。

だから、「日本人の英語」があって当然!大切なのは「自信」です。間違いをおそれたり、人と比べてどうこういう必要はありません。パパもママも今日から英語を使ってみましょう!おうちで使うんだから大丈夫!英語で語りかけ、やってみましょう!


【できると思えばできる!】
「わたしは英語できないから・・・」と決めつけてしまってはもったいない!できないことを気にするのではなく、できることを探しましょう。生活の一部に英語を取り込むようにしましょう。英語で子どもに話しかけることが大事です。あいさつを英語で、ほめるとき英語で、いろんな指示を英語で…。

自分ができそうなところからちょっとずつチャレンジ!そして少しずつ英語表現を増やしながら、使う場面も広げていきましょう。「全部、英語で!」と最初から構えずに、「できるところは英語で!」そして「継続する!」が大事です。

英語の歌を歌ったり、DVDを見たり、絵本を読んだり、ラジオを聞いたり、ダンスをしたり、手遊びをしたり。
一緒に英語を使う場面をどんどん増やしましょう。


【英語のCDやDVDのかけっぱなしはNG】
英語の音に親しむという意味ではOKですが、CDかけっぱなし、DVDみせっぱなしで英語が使えるようにはなりません。
日本語もそうですが、語りかけたり、一緒に歌ったりコミュニケーションをとる中で子たちは言葉を覚え使っていくようになります。大切なのは双方向のコミュニケーション。自分がやらないで、子どもだけという考えは捨てましょう!


【何歳からお教室に通わせるべき?】
0~1歳までは、ママと一緒に英語で歌ったり手遊びしたりするのがいいでしょう。まだ母語でさえ口からなかなか出てこない時期です。聞こえる“音”を増やすという意味で、英語を聞かせる環境をつくってあげましょう。

2歳頃になると、体を動かしたり歌ったり、まねっこしたりするのが大好きな時期。言葉を話すためにたくさん言葉を吸収する時期です。
簡単なコミュニケーションもとれるようになるので、この頃からお教室などに通うのもよいでしょう。

プリスクールなどでも1歳半からスタートする教室が多いのもうなずけます。歌に合わせてジェスチャーをしたり踊ったり、体を動かしながら英語を楽しみましょう!

3歳くらいになると、お友達との遊びも活発になってきます。子ども達は「えいごやってる!えいご習ってる!」という意識があるようです。
このころから幼児向けのテキストなどを使うことがありますが、机に向かって座ってするような“お勉強”はまだしません。
英語のフレーズなどをメロディーやリズムに乗せて丸ごと覚えるのが得意な時期ですので、音声中心に英語を楽しみましょう。

英語は0~3歳になる頃くらいまでは、ママも一緒におうちで英語、親子で参加できるお教室で一緒に楽しみ、3、4歳くらいから本格的にレッスンを受けるのでも十分です。

お教室に通わせたとしても、お教室の先生に任せっぱなしにせず、おうちでも英語に触れられる環境づくりを忘れずに♪

賢いスクール選び

どこに通わせる?教室選びのポイント

■スクールの場所は大事!
子どもが一人で通うのか、お迎えがあるかにもよりますが、なるべく自宅に近いほうが良いでしょう。お迎えにいく必要がある場合は、自転車や車をとめる場所も確認しておくとよいです。

■英語レッスンの時間もチェック!
週何回ですか?1回のレッスンの長さはどのくらいですか? 短すぎても長すぎてもレッスンの内容が薄くなることも。だいたいのレッスンの流れも確認しましょう。兄弟姉妹を通わせる際は、お迎えの必要があるかどうかも含めて無理のないスケジュールを確認しましょう。

■やっぱりネイティブ??
「ネイティブ=英語を教えられる先生」とは限りません。「英語が上手=教えるのが上手」とは限りません。
日本人の先生でも英語が話せて、子どものこともよく分かっていて、英語を教えるプロはたくさんいます。日本人だからと敬遠する必要はないでしょう。ネイティブかどうかではなく、やはり“先生としてどうか?”が大切です。とはいえ、一番気になるのは「発音」のことかもしれませんね。「アメリカ人の英語はいいけど、それ以外は訛りがあって嫌」という意見を聞くことがあります。英語はもはや国際語。英語圏以外の人もコミュニケーションをとるためのツールとして使っていることを忘れてはいけません。日本人は日本人として、「アメリカ人」になろうとする必要はありません。発音よりももっと大切なことは、英語を使って異文化の人たちと円滑にコミュニケーションをとることです。どちらが綺麗な発音なのかを競争するものではありません。音声CDやDVDもあるので、「発音」に関してはあまり神経質になることはないでしょう。日本ではまだまだ“外国人”に抵抗がある方がいるかもしれません。そういう意味で多国籍の外国人教師と触れ合いコミュニケーションをとることはよい経験になるでしょう。

■レッスン内容を確かめましょう。
年間のカリキュラム、教材などを確認しましょう。きちんとしたお教室は必ずメインとなる教材があります。どんな内容を中心に教えるのか、どんなことができるようになるのか、宿題についても確認しておくとよいです。また季節のイベントや特別行事の有無なども知っておきましょう。

■4技能をバランスよく教えている?
子どもの年齢や発達段階に応じた指導が前提ですが、「聞く、話す、読む、書く」を学習段階に応じてきちんと教えているかどうかをチェックしましょう。歌やゲームばかりでは英語力はつきません。

■宿題は?
きちんとしたお教室は宿題の大切さを知っています。子どもは覚えるのも早いですが、忘れるのも早い!子どもには特に「音声を聞く」という宿題はとても大切です。英語を聞いている子と聞いていない子の差は大きいです。どんな宿題があるのかを事前に確認しましょう。宿題がまったくない場合は、その理由を聞いてみるのもよいかもしれません。


■お月謝は?
毎月払うものですので遠慮せずにきちんと確認しましょう。レッスン時間、回数、教室の施設、先生の様子を総合的にみるようにしましょう。お月謝のほかに入会金や教材費などが必要なところが多いですが、何十万円もするものは疑問です。

■やっぱり大手有名教室?
まずはお教室の考えをきちんと聞きましょう。できれはお教室に通っている方の意見を聞くのがいいですが、なかなかそうもいかないのが現実。大手英会話学校でも無名の個人英会話教室でも、メリット&デメリットがあります。英語習得は継続が大事です。お教室の大きさやネームバリューだけで決めず、納得できるところ、子どもが行きたいところを選びましょう。「・・・式メソッド」など横文字をいっぱいならべて説明するお教室があります。分からないことはきちんと聞きましょう。“それらしい横文字”を宣伝文句で使っているだけの教室も中にはあるので気を付けましょうね。

■体験レッスンに行ってみよう!
まずは体験レッスンに参加してみましょう。教室の雰囲気だけでなく、先生が子ども達にどう接しているか、どう教えているか、子どもの反応も要チェックです。大事な子どもを通わせるのですから、先生や運営スタッフとの信頼関係はとても大切です。英語習得に近道はありません。長く通えそうなお教室を選びましょう。

ちょっとまじめな話

「早期教育の落とし穴」

「うちの子はバイリンガル」そんな風に言えたらいいですよね。小さい時から始めればきっと苦労も少ないはず、そう思うママやパパも多いのでは?
実際、開始が早ければ早いほど、英語に触れられる時間が長くなり、英語習得にプラスになると考えられています。英語習得にかかる時間は、めざす英語力にもよりますが2500~4000時間とも言われています。
小学校の高学年から英語がスタートしたとはいえ、中学、高校の授業を足してもまだまだ足りないようです。また幼少期に始めると大人になってからでは習得しにくい発音も身につけられるといわれています。

やはり幼少期にスタートするメリットは大きいですね。しかし、ここには「落とし穴」が…。

「こどものため?」「自分の願望?」
将来、今よりもっと英語力が必要になることが間違いないでしょう。でも、自分が英語で苦労したから、こどもにはそんな思いをさせたくない、一流企業に就職するには英語がマストだから・・・という理由は、「子どものため」と言いながら実は「自分の願望」を託すための英語になりかねません。子供は、けなげに親の期待に応えようとします。一生懸命取り組むわが子に感動し、どんどん勉強させる。子供は親に褒められたくて頑張る。でも、やがて、親の期待に応えられなくなった時、その自分を受け入れられず自己嫌悪に陥ったり、親へ怨みを爆発させることも…。

大事なのは、「子ども自身が自ら楽しいと感じる」ようにフォローしてあげることです。そのためには、親も一緒に楽しむ姿勢が大切です。親が楽しめば子ども楽しんで取り組む率はぐ~んと上がりますよ!

「今、始めないと間に合わない」
  そんな謳い文句には要注意!

最初は、無理せず楽しんでくれればいい、と思っていたはずなのに、気が付くと「もっとしないと」「もっとさせなきゃ」「他の子に遅れないように」と焦って、その気持ちがこどもを苦しめる、ということはよくあります。こどもだかでなくママやパパ自身も苦しくなって、プレッシャーで押しつぶされては元も子もありません。英語は大人になってから学習してもその人が努力すれば決して遅いことはないのです。あまりプレッシャーに感じず、「子どもが将来“良い学習者”になるためのサポート」を目指しましょう。英語習得は一生かけてやる、それくらいの長いスパンで考えましょう。


バイリンガルになるには子供のうちから?
早ければ早いほど良いと言われている英語教育。しかし、小さいころから“英語漬け”にしても、自然に英語の母語話者と同等になることはないと言われています。どこかの段階で、子供が自ら「英語を話せるようになりたい」「英語ができるようになりたい」という前向きな気持ちで努力をしない限りバイリンガルにはなれません。
「バイリンガル」は日本語も英語も同等に使いこなせる人のことを言います。「ネイティブのようなきれいな発音ができる」ことと、「自分の意見を持ち、英語を道具として使いこなせる」は別物です。
「論理的に物事をとらえる力」、「相手にわかるようにきちんと説明する能力」、そして「説明に値する内容」を備えていなければ、語学力は育たないのです。内容を伝えるために文章を書いたり、情報を得るために文章を読んだりできるようにならなければ、きれいに発音できるだけで内容のない話をぺらぺら話しても意味がありません。


英語ができれば本当にいいの?
英語ができれば幸せなのでしょう?英語を話す人は“国際感覚”が豊かな“国際人”?
国際社会で活躍するためには、英語力以上にその人の持つ“人間性”や“専門分野”、“ユニークなアイディア”が必要です。英語が苦手でもノーベル賞を取ることだって、オリンピック選手になって表彰されることだってあります。英語はあくまでも内容を伝えるための「道具」。子供のいろいろな可能性を見つけながら、“人間性”“専門性”“独創性”を育むことが前提です。英語をマスターさせることだけを目的にしないようにしましょう。

「正しい発音の英語」って?
「正しい発音を身につけさせたい」という声をよく耳にします。「正しい発音」ってなんでしょう?アメリカ英語が「正しい」?イギリス英語は「紳士的で正統派」、オーストラリア英語は「癖がある」、フィリピン英語やインド英語は「ちょっとね…」と思う方もいらっしゃるでしょう。でも、英語を母語にしている国の中でも“それぞれの英語”があり “違い”があります。どれが「正しい」と議論するのはナンセンスです。
世界人口約70億のうち、25%の17.5億が英語人口。そのうちネイティブはたったの3.9億。英語人口のうち非ネイティブ・スピーカーが約78%です!
英語は、世界中のいろいろな地域で話されている国際語です。英語を母語としない人たちが英語でコミュニケーションを図る時代です。
であれば、「日本人の英語」があって当然!日本人は発音を気にしすぎるところがありますが、発音に自信がないからといって英語が苦手と思い込まず、どんどん英語を使っていくことが大切です。


日本人としての英語に自信をもとう!
大切なのは、伝えよう、分かろうという気持ちと「自信」です。どちらの発音が綺麗か正しいかを競争する学びではなく、コミュニケーションの道具として使えることが大事。英語でコミュニケーションできるようになることを期待するならば、ママもパパも自分の英語を使ってみましょう!
大丈夫!市販の英語教材に収録されている音声は「標準的」な英語ですので、それもうまく活用していけば問題ありません。いろいろな英語に慣れていることもこれからの社会にはとても必要なことです。
金子みすずさんの詩にあるように、「みんなちがっていいし、みんなOK」の気持ちで、ママやパパの声で英語の語りかけ、やってみましょう!

★金子みすずさんの詩★
「私と小鳥と鈴と」

私が両手をひろげても、
お空はちっとも飛べないが、
飛べる小鳥は私のように、
地面を速く走れない。

私が体をゆすっても、
きれいな音はでないけど、
あの鳴る鈴は私のように、
たくさんな唄は知らないよ。

鈴と、小鳥と、それから私、
みんなちがって、みんないい。

「みんなちがって、みんないい」
(金子みすず『私と小鳥と鈴と』より)